• ホーム
  • 売りたい人必見!マンション引き渡しまでの売却の流れ

売りたい人必見!マンション引き渡しまでの売却の流れ

マンションの売却を検討している場合、どのような流れで進んでいくのでしょうか。
少しでも高く売りたいと考えている方もいますが、高値で売るためにはさまざまな注意点があります。
価格と引き渡しまでの流れを考慮したうえで、売却について考えていくようにしましょう。

まず実際に売るうえでポイントになるのが、マンションの売却をどのくらいの期間で終わらせたいのかという点です。
すぐにお金が必要という方もいるでしょう。
もしもすぐにお金が欲しいなら、業者に買主になってもらうのも1つの手です。
業者が買主になった場合だと、査定から売却までの流れがスムーズに終わります。
ただし業者に直接買い取ってもらう場合だと、高値がつきにくいので注意が必要です。

一方で業者が直接買い取るのではなく、仲介してもらうというスタイルが多くなっています。
仲介してもらうスタイルの場合、最初に業者の方が査定に訪れます。
査定後に広告などで掲載してもらって、買いたい方が出てくるのを待ちます。
このとき高値で広告を掲載すると、買主がなかなか見つからないケースも見られます。
相場を考慮したうえで、どのくらいの価格で売りに出すか仲介業者と相談して決めるようにしましょう。

実際に買主が決まるまでには、1年近くかかるというケースも多く見られます。
人気のエリアなら比較的買い手が見つかりやすいのですが、立地条件や価格によっては売却先が思うように見つからないこともあります。
買い手がすぐに見つからない場合には、利用する仲介業者や価格の見直しを行うようにしましょう。

物件に興味がある方が出てきたら、マンションの内覧をしてもらいます。
内覧などを通して買いたいという方がいたら、いよいよ売却のための本格的な手続きに移れます。
ただし売却のためには、準備しなければならない書類がいくつも存在しています。
必要な書類は不動産仲介業者に相談にのってもらいながら、間違いのないようにそろえていくことが大切です。

引き渡しまでには、買主のローン契約などのステップも存在しています。
マンションを買うときに多くの方が利用するローンですが、審査を通過しなければお金は借りられません。
審査結果が出るまで時間がかかると、焦ってしまうという方もいるでしょう。
ですが焦っても結果が変わるわけではないので、落ち着いて対応することが大切です。
実際に引き渡しをするときには、間違いがないように日時の確認を忘れてはいけません。

関連記事