• ホーム
  • 低層マンションには低層マンションの魅力がある

低層マンションには低層マンションの魅力がある

マンションの受付スタッフ

高層マンションと低層マンションであれば、前者のほうが優れていると思っていませんか?ですが2つのうちの一方が優れているとは限りません。
両者にはそれぞれ異なるメリットやデメリットが存在しています。
自分の中の価値観だけで判断するのではなく、情報収集を行ったうえで判断することを忘れないようにしましょう。

例えば高層マンションのメリットは景色がいいことで、低層マンションのデメリットは景観が悪いと考えている方も多くいます。
しかし高層マンションは、完成した時に窓からの景色がよくても将来的なことはわかりません。
隣に高層ビルができたら、景色が堪能できなくなります。

景色に関する条件なら、低層マンションでも同じと考えている方もいるでしょう。
ですが第一種低層住居専用地域または第二種低層住居専用地域なら、その条件は異なります。
実は第一種低層住居専用地域や第二種低層住居専用地域には、周辺に大きな建物を建てられないという決まりが存在しています。
この決まりが存在していることで、景色面での魅力が変わるリスクが低いのです。

また低層マンションのメリットには、資産価値が変わりにくいという点があげられます。
第一種低層住居専用地域に指定されていれば、周辺環境が変わりにくいため資産価値の変化も小さくなります。
そのような点を比較したうえで、高層と低層のどちらが自分に適しているか考えることも大切です。

さらに低層マンションの魅力の1つに、防災面に優れているという点もあります。
地震などの災害が起こった場合、マンションの12階などで暮らしていたらエレベーターが動かないと避難も大変です。
一方で低層マンションの3階なら、階段を使っても比較的楽に避難できます。
このような防災面のメリットがあることも把握しておきましょう。

このほかにも低層マンションには、閑静な地域が多いので安定した生活が期待できるなどのメリットもあげられます。
周辺に大きなビルなどができないことで、閑静な環境が安定して保たれる可能性が高いのです。

低層マンションと高層マンションの違いを、階数だけで判断する方も多くいます。
ですが実際には、第一種低層住居専用地域などの決まりがあることでさまざまな違いが生まれています。
実際にどのような違いがあるのか把握したうえで、自分に適した生活環境を考えていきましょう。
1つの視点だけで判断せずに、さまざまな点から自分に合った環境を選ぶことが大切です。

関連記事
サイト内検索
人気記事一覧