• ホーム
  • マンション(物件)と災害のリスクについておさえる

マンション(物件)と災害のリスクについておさえる

マンションの購入を検討するのであれば、忘れてはいけないポイントも存在しています。
それが災害に関する項目です。
日本は地震などの災害が多い国なので、自分の命を守るためにもさまざまなポイントを確認しておくようにしましょう。

まず災害について考えるうえで欠かせないのが、ハザードマップを確認することです。
ハザードマップを確認することで、身の回りでどのような災害が起こるリスクがあるのか把握できます。
例えば川の近くの物件であれば、洪水などのリスクがあります。
一方で海辺の物件で海抜が低いという場合には、津波にも注意が必要です。
海抜や洪水など立地条件を確認したうえで、マンションを選ぶことも忘れないようにしましょう。

一方で地震などは、どのような地域でも巻き込まれるリスクがあります。
地震について考える場合には、自治体の対策を把握することも必要です。
災害があったときに、自治体がどのような避難計画を立てているのか確認します。
対策がしっかりしている地域であれば、もしものときでも安心して過ごすことにつながります。

また地震の対策で欠かせないのが、マンションの耐震性に関する項目です。
耐震性が低い物件だと、地震で倒壊するリスクが高くなります。
耐震性に優れていれば、建物が全壊する可能性は低いのです。
万が一のときに自分の命を守れるようにするためにも、マンションがどのような対策を行っているのか事前に確認しておきましょう。

さらにチェックすべきポイントとして、マンションの火災対策があげられます。
しっかりとした作りのマンションであれば、壁や天井などに火災の被害が広がらないような対策を行っています。
そのような作りのしっかりとした物件を選ぶことで、何かあったときに自分の命を守ることにもつながります。
マンションの災害対策の有無で命を守れるかに大きく関わってきます。
設備や内装ばかりではなく、災害対策もしっかりと確認しましょう。

実際に災害対策が大切と言われても、どのような点に注目したらいいのかわからないという方も多くいます。
そこでまずはどのような対策が必要なのか項目別に調べるのも1つの手です。
一覧で把握したうえでマンションごとの対策をチェックすれば、安心して暮らせる物件なのか判断することにつながります。
自分の命を守るためにも、ハザードマップやマンションの災害対策をチェックすることを忘れないようにしましょう。
複数の物件を比較して選ぶのも1つの手です。

関連記事